UA-34135661-1 Financial Abuse: オフィス惠愛堂のブログ

« 社会保険料控除と所得税・住民税 | トップページ

2021年1月18日 (月)

Financial Abuse

 FPジャーナル2020年12月号に、「Elder Financial
Abuse」のことが載っていた。アメリカでも高齢者が金銭的詐欺被害に遭うことが問題視されている、ということだが、自己の行為の結果を判断することができる能力(意思能力)が落ちている高齢者が被害に遭いやすいのは洋の東西を問わない、と、遅まきながら改めて知った。
 Abuseというのは辞書では乱用、裏切り、虐待などと出てくるが、金銭的詐欺被害のことを向こうではFinancial
Abuseというらしい。所変われば表現(品)変わる、ということかもしれぬが、詐欺は、「人を欺いて財物を交付させた者・・・」(刑法)であることからすると、財産被害が直に伝わってくるこちらの方が、簡明直截な言い方と感じられる。
 記事に出ていた参照先を見てみると、「Consumer Reports」のサイトに、「Financial Elder Abuse Costs $3 Billion a Year. Or Is It $36 Billion? The data varies dramatically depending on the source. And that's a problem.」と載っている(*1)。高齢者の金融被害は年間30億ドル、それとも360億ドルか、出所によって数字がこんなに違う、問題だ。というようなことだろうか。
 また、「The True Link Report onElder Financial Abuse 2015」で、高齢者の約37%が金銭を搾取された経験がある、となっていて、見てみると、「Prior to this report, the most frequently cited estimate of the amount of money lost to elder financial abuse was $2.9 billion. In the fraud research community, we have long suspected that this was an underestimate. In fact, it is a dramatic underestimate: our research reveals that seniors lose $36.48 billion each year to elder financial abuse. This is more than twelve times what was previously reported. Approximately 36.9% of seniors are affected by financial abuse in any five-year period.」とあった(*2)。
 これをGoogleの翻訳サービスにかけると「このレポートの前に、高齢者の経済的虐待によって失われた金額の最も頻繁に引用された見積もりは29億ドルでした。詐欺研究コミュニティでは、これは過小評価であると長い間疑っていました。 実際、これは劇的な過小評価です。私たちの調査によると、高齢者は高齢者の経済的虐待により毎年364.8億ドルを失っています。 これは以前に報告されたものの12倍以上です。 高齢者の約36.9%は、5年間で経済的虐待の影響を受けています。」となった。
 調査元の違いで数字が大きく変わるのは確かに問題だが、5年間で高齢者の4割近くが詐欺被害に遭う、というのなら、深刻なことだし、他人事ではない。
 翻訳サービスのおかげで暇つぶしのようなことができたが、自分は大丈夫か、コロナも怖いがこっちも怖がらねばならぬ、で、どうする、と、ここから先は思考が進まぬ。And that's a problem!。

*1 https://www.consumerreports.org/cro/consumer-protection/financial-elder-abuse-costs--3-billion-----or-is-it--30-billion-
*2 http://documents.truelinkfinancial.com/True-Link-Report-On-Elder-Financial-Abuse-012815.pdf  

« 社会保険料控除と所得税・住民税 | トップページ

FP」カテゴリの記事